歯周病と全身疾患

歯周病の定義

歯周病は、細菌の感染による歯肉の炎症がおこった状態です。現在、日本人の8割が歯周病を持つと言われており、かなり進行しないと痛みや腫れなどの自覚症状が現れないため、重症化するまで放置している方の多い病気です。

歯と歯肉の境目の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(いわゆる歯こう)歯肉の辺縁が炎症を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台が溶けて歯が不安定になり、最後は抜けてしまったりします。

歯周病と全身疾患の関係

歯周病は口の中だけの病気と軽く考えてはいけません。歯周病は糖尿病や喫煙などと同様に、生活習慣病の一つと考えられています。実際に、歯肉で炎症が続いていると、歯周病菌や菌の出す毒素が血流に乗って心臓に運ばれたり、肺に入ったりして、全身疾患を引き起こすおそれがあることがわかってきています。
 
また、高齢者に多い誤嚥性肺炎を予防するためにも、歯周病のケアは非常に重要です。誤嚥性肺炎は、歯周病菌などの細菌が唾液や食べ物と一緒に肺に入ることによって起こるといわれています。食事中だけでなく、就寝中などに自覚なく、唾液と共に菌が誤嚥することによって発症するケースも多いとされています。特に、入れ歯には細菌がつきやすく、定期的な入れ歯の手入れ・調整も大事です。

歯周病の治療

はじめに行われるべき治療が、原因である歯垢の除去および歯石の除去、歯の根の面の滑択化、ぐらぐらする歯の咬み合わせの調整などです。基本治療で一部ポケットの深さが改善されない場合や、歯周病の進行が進んでしまった状態に対して外科的にポケットの深さを減少させる場合もあります。

また治療により症状が一時改善したとしても、歯周病は再発の多い病気といわれています。 治ったとしても溶けてしまった骨が完全に元通りに戻るわけではなく、ほとんどが歯と歯肉がそっと寄り添うような形で治っているのにすぎません。ブラッシング(歯磨き)が不十分であったり、定期的なケアを怠ると細菌が活動しはじめ、歯周ポケットが深くなり容易に再発をおこします。

当院では、患者さんの口腔内を把握して現在の歯周病の程度をお伝えし、一人一人にあった治療および予防法としての歯磨きの方法などを合わせて提案させていただきます。

診察・検査のご予約はこちら 診察・検査のご予約はこちら