胃もたれ、胃の膨満感、胃痛で困ったら
−機能性ディスペプシア−

機能性ディスペプシアとは

近年、胃潰瘍・十二指腸潰瘍や胃がんなどのような異常がない方の中に、胃痛や胃もたれ、胃の膨満感などが継続的に続く方が多くいらっしゃいます。そのような状態を、以前はストレス性胃炎などと診断されていましたが、近年になって新しく「機能性ディスペプシア」という病気の概念が成立してきました。

 

機能性ディスペプシアとは、胃の痛みや胃もたれなどの症状が続いているにもかかわらず、内視鏡検査などを行っても異常がみつからない病気です。
元来、内視鏡検査で、胃炎や逆流性食道炎を認めても症状があるとは限らず、逆に症状があっても異常所見が認められないことが多々あります。そこで、症状があってもそれを説明できる異常が見つからない場合、胃に炎症があるなしにかかわらず「機能性ディスペプシア」と定義されるようになっています。

機能性ディスペプシアの症状

主な症状は「食後のもたれ感」「少し食べるだけでお腹一杯になる」「みぞおちのあたりの痛み」「胸焼け」や「吐き気、げっぷ」など非常に多彩です。ご本人にとって多くの症状はとてもつらく、生活の質を大きく低下させてしまいます。

機能性ディスペプシアの原因

胃には、食べ物をためて(適応性弛緩)、十二指腸へ送り出す運動機能(胃排出能)という機能があります。これらに何らかの原因(ストレスや過食・不規則な食生活、喫煙、過度なアルコールなど)で異常が生じて、症状が引き起こされると考えられています。また胃酸や高脂肪食、ピロリ菌感染、胃腸炎などの炎症によって、十二指腸や食道の知覚過敏や運動障害が悪化することも原因の一つといわれています。

 

適応性弛緩が中心に異常が生じた場合、「少し食べるだけでお腹一杯になる(早期飽満感)」が出現しやすくなります。一方、胃排出能が異常を生じると、食後のもたれ感」などが出現します。また知覚過敏によって、みぞおちの痛み(心窩部痛)やみぞおちの焼ける感じ(心窩部灼熱感)が起こります。

機能性ディスペプシアの診断

症状だけで機能性ディスペプシアの診断を下すことはできません。機能性ディスペプシアの診断には、似たような症状を示す他の病気(胃十二指腸潰瘍・胃がんなど胃の器質性疾患や、胃の周辺臓器の悪性腫瘍[膵・胆嚢・大腸など])がないことを検査で確認することが重要です。実際に胃や周辺臓器の「がん」や炎症、ピロリ菌感染の有無を診断するために、内視鏡検査や腹部超音波検査を行うことを強くお勧めします。

 

 

機能性ディスペプシアの治療

機能性ディスペプシアの治療の基本は生活指導と内服治療の併用になります。

生活指導

過食・高脂肪食・過度のアルコール・喫煙・不規則な食生活をできるだけ避けるように指導を行います。また、睡眠不足や過労を避けることも重要です。

薬物療法

  • ピロリ菌除菌
  • 酸分泌抑制薬:ガスターなどのH2ブロッカーや、ネキシウム・タケキャブなどのプロトンポンプ阻害薬
  • 漢方薬:六君子湯など
  • 消化管運動改善薬:アコファイド、ガスモチンなど
  • 抗うつ薬、抗不安薬

以上の薬物をご本人の症状にあわせ、組み合わせて処方を行っていきます。

まとめ

機能性ディスペプシアの診断には、「がん」などの大きな病気が隠れていないかを、検査で確認することが非常に重要です。その上で、診断された機能性ディスペプシアは多くの方が悩んでいるありふれた病気であり、生命に関わる病気ではありませんが、生活の質に直結します。現在は非常に有効な内服薬も開発されておりますので、もしお困りやご相談があれば、お気軽に外来に受診し、ご相談ください。

診察・検査のご予約はこちら 診察・検査のご予約はこちら