厚木妻田南歯科医院

ここに厚木妻田南歯科医院様の新着情報が入ります。

欠損補綴(ほてつ)治療

失った歯を補う方法は、ブリッジ、入れ歯、インプラントなどがあります。
当院では、患者さまのご希望を確認した上で治療を進めていきますが、口腔内の状況によっては対応が難しい場合もあります。

補綴治療

虫歯を削った後に何かを詰める、被せるとき、保険内診療の場合は、プラスチック化かパラジウム(銀)での施術となります。
プラスチックの詰め物は、色的には歯と変わらないので治療跡が目立ちませんが、耐久性が弱く、すぐ割れてしまうという欠点があります。
銀は強度的には問題ありませんが、色が違うので見た目が美しくありません。
保険外治療(自費診療)を行う場合には、見た目、強度ともにセラミック(陶)がおすすめです。
料金的にはプラスチックやパラジウムよりも割高になりますが、当院では他の歯科クリニックさまと比較して、安価で提供しています。

ブリッジ

ブリッジを選ぶメリットは、「痛くない」ことです。
ただし、ブリッジを支える両隣の歯には、削ることを含めて、かなりの負担をかけることになります。
それらの強度が十分でない場合には、入れ歯を選択することになります。

入れ歯

入れ歯のメリットは、ブリッジのように他の歯を削らなくてもいいことです。もちろんインプラントのように、歯ぐきにネジを打ちこむこともありません。単純に型をとれば、入れ歯は出来上がります。

しかし、ぴったりとフィットする入れ歯を一度でつくることは、実は至難の業なのです。入れ歯を加工する技術は、いわゆる「匠の技」の範疇で、歯科治療の技術とはまったく別物です。一流大学病院に勤務する医師に依頼しても、満足できる入れ歯が出来上がるかどうかは、やってみなければわからないといえるでしょう。

どんなに適合が良くてぴったりの入れ歯でも、食事をしてみたり、取り外しの際にこすれて歯茎が痛むことは必ずあります。また、口の中に入れ歯という大きな異物が入るので、初めて入れ歯をお入れになる方はかなりの違和感を持ちます。お口の中の構造や感覚は患者さん1人1人全く異なります。

良い入れ歯を作るコツは、半分は患者さんの努力と理解で、半分は私たち歯科医師がお手伝いさせていただくことに尽きると思います。そのために、患者さんが入れ歯の悩みを話しやすい雰囲気づくりを心がけています。こすれて痛くなった部分の調整を2人で繰り返し、患者さんのお口になじませていく作業を根気強く繰り返します。
私は、その人に合った世界で1つだけの入れ歯をオーダーメイドするお手伝いをさせて頂く感覚でおります。

最近では、入れ歯の歯ぐきに当たる部分がまったく目立たず(歯ぐきと同じ色)、素材的にも薄くて折れにくい「スマイルデンチャー」と呼ばれる入れ歯がご好評いただいております。口を開けて笑っても目立たないことから命名された「スマイルデンチャー」は、補償期間が5年と、長期間安心してお使いいただけることも特徴です。

入れ歯をお考えの方は、ぜひ当院にご相談ください。

インプラント

インプラントには、他の歯に負担をかけることがなく、見た目もキレイというメリットがあります。ただし、アゴの骨が薄い人には打つことができません。
また、喫煙者、糖尿病の人、全身疾患をお持ちの方にもおすすめできません。
金額的にもブリッジや入れ歯と比較して、かなり高額になります。

厚木妻田南歯科医院の診療メニュー

医院概要

診療科目 歯科、小児歯科、歯科口腔外科
院長 寒河江 昌平(さがえ しょうへい)
電話番号 0120-27-6881
住所

〒243-0814
厚木市妻田南1-16-36 2F

診療時間

 日・祝
8:30~12:00 ×
13:30~18:00 ×

△:土曜日
第一週、第三週 8:30~13:00
第二週、第四週 8:30~12:00 13:30~17:00

 

※厚木胃腸科医院とは診療時間が異なりますのでご注意ください。

診察・検査のご予約はこちら 診察・検査のご予約はこちら